経営者「甘え」、投資家「無責任」 高校教科書がズバリ


【今週のマーケットエッセンシャル】第11号(2022年4月13日公開)

主筆・前田昌孝(元日本経済新聞編集委員)

2022年度から高等学校の家庭科で金融教育が、社会科で投資教育が始まった。さっそく数点の教科書を購入し、内容を点検したが、大人の世界ではなかなか言えないようなことがズバズバと書いてあって面白い。どれもが老後の資金不足問題を詳述しており、政府が受理を拒否した2019年の「老後2000万円報告書」も事実上、復活したかたちになっている。幅広い記述のなかに、「いいのかなあ」と感じる部分もあったが、とりあえず紹介してみよう。


コメントを残す