野村証券着々と営業改革 じり貧の東証で生きる道


【今週のマーケットエッセンシャル】第13号(2022年4月27日公開)

主筆・前田昌孝(元日本経済新聞編集委員)

証券界の先陣を切って、4月26日に野村ホールディングスが2022年3月期決算を発表した。国内営業部門の純営業収益はオンライン証券5社に抜かれそうだが、それでも着々と将来への布石を打っていることがうかがわれる決算だった。何しろ東京株式市場はじり貧の一途。かつて世界の40%を占めていた日本株の時価総額が、4月に入ってついに5%を割ったようなのだ。証券会社はあらゆる知恵を絞って生き残るしかない。


コメントを残す