節約しても老後は赤字 家計調査、相場に重荷


【今週のマーケットエッセンシャル】第4号(2022年2月23日公開)

主筆・前田昌孝(元日本経済新聞編集委員)

世帯主が無職で、夫婦ともに65歳以上の2人だけの世帯を総務省は「夫婦高齢者無職世帯」と名付けている。2020年の家計調査では10万円の特別定額給付金の寄与もあって月々の収支が1111円の黒字になり、「老後2000万円赤字問題」は解消したとの見方も出ていた。しかし、2021年の家計調査では再び1万8525円の赤字になった。節約しても赤字のうえに、将来の年金不安も加わり、株式相場のかなりの重荷になっている。


コメントを残す