東芝「復活」への点と線 原発再稼働期待が追い風


【今週のマーケットエッセンシャル】第15号(2022年5月11日公開)

主筆・前田昌孝(元日本経済新聞編集委員)

株価が言わせているだけなのか、何か具体的な動きがあるのか判別できないが、再建案が臨時株主総会で否決され、にっちもさっちもいかなくなっている東芝に、突破口が見つかる可能性が出てきた。ロシアのウクライナ侵攻を受け、原子力発電所の再稼働を軸としたエネルギー安全保障への関心が高まってきたからだ。最近の株価急騰で2017年に東芝に出資した投資ファンドは、買い手さえ見つかれば十分に儲けられる状況になっている。何かが動き出す予感がする。


コメントを残す