証券界は徹底抗戦? 金融庁が描く証券営業改革  


【今週のマーケットエッセンシャル】第18号(2022年6月1日公開)

主筆・前田昌孝(元日本経済新聞編集委員)

5月27日にSBI証券が2022年3月期決算を発表し、オンライン大手5社の純営業収益の合計が野村証券の国内営業部門の純営業収益にあと88億円と、肉薄したことが明らかになった。証券ビジネスは顧客の背中を押して進めるものではなくなったことの象徴だ。だからというわけではないが、金融庁は証券会社の営業活動にこれまでとは段違いに厳しい規制を導入しようとしている。「実務上、困難」。証券界は今度ばかりは徹底抗戦の構えをみせている。


コメントを残す